--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-06

大好きやったんやで

元ホストの”れい”さんが最初はホストラブに、その後は魔法のiらんどに書いた全編関西弁の切ないラブストーリー。河出書房新社より上下巻の書籍が出版されています。れいさんは現在、ホストを辞めて、北海道の牧場で働きながら通信制の高校に通っているとのこと。


<『大好きやったんやで』のあらすじ>
 2005年冬。歌舞伎町のホスト・れいは、見慣れた風林会館の前でドレスを来てしゃがみこんでいる「変な女」に出会う。女は震えながら「今から死ぬから」 とつぶやき、れいに5万円を貸せと言う。れいはなぜか財布から5万円を出した。女は夜の歌舞伎町へ消えていった。
 この衝撃的な出会いのあと偶然の再会を経て、れいとさやかは恋人同士になる。しかし、幸せな日々も束の間、二人に悪魔の影が忍び寄る。さやかは白血病に冒されていた…。やがて、さやかは息を引き取る。


<『大好きやったんやで』を読む!>

れいのホームページ

大好きやったんやで



大好きやったんやで 上 (1)大好きやったんやで 上 (1)
(2007/06)
れい

商品詳細を見る


大好きやったんやで 下 (3)大好きやったんやで 下 (3)
(2007/06)
れい

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。