--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-09

アスキーMWが魔法のiらんどを吸収合併

 株式会社角川グループホールディングスは、グループ会社である株式会社アスキー・メディアワークスと株式会社魔法のiらんどを合併することを決めた。アスキー・メディアワークスがiらんどを吸収合併する形で、期日は2011年1月1日の予定。

 株式会社魔法のiらんどは、携帯コミュニティサイト「魔法のiらんど」を運営しており、現在は、アスキー・メディアワークスの100%子会社。合併によって、iらんどに投稿されたケータイ小説を自社で宣伝して自社で書籍化するという形が完成する。『恋空』や『天使がくれたもの』といった初期のケータイ小説にみられたような、作品が自然発生的に人気を獲得し、書籍化に至るという流れではなく、作為的なごり押しによって書籍化される作品がさらに増えるものと懸念される。


ブームはどう始まりどう終わるのか (岩波アクティブ新書)ブームはどう始まりどう終わるのか (岩波アクティブ新書)
(2004/01)
中川 右介

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2010-11-09

ユウの『たられば』が書籍化

『温かい手を持ってる』、『ワイルドビースト』など、多くの作品が書籍化されているケータイ小説家”ユウ”さんの初期の代表作である『たられば』が2011年春に書籍化されることがわかった。発行は主婦の友社とみられる。
 『たられば』は、2007年に魔法のiらんどで連載され、ランキング1位にも輝いた人気作品。連載されていた当時は、80年代半ばに一世を風靡した「紡木たく」の大人気漫画『ホットロード』を彷彿とさせる台詞や名シーンが満載で、多方面から大きな反響を呼んだ。
 あまりの反響の大きさに一旦ホームページは閉鎖されたが、しばらくして復活。その際に、台詞やシーン描写が改変された『たられば』が再アップされた。すぐに書籍化されるものとみられたが、なぜか『たられば』のサイドストーリーである『温かい手を持ってる』が先に日本文芸社から書籍化された。なお、『温かい手を持ってる』のタイトルも、「紡木たく」の人気漫画『やさしい手を、もってる』のオマージュもしくはインスパイアとされている。また、ユウさんの代表作である『ワイルドビースト』は、株式会社魔法のiらんどの親会社であるアスキーメディアワークスから全9作が刊行され、累計35万部を売り上げているとされる。

たられば

ワイルドビースト

温かい手を持ってる


ホットロード (1) (マーガレットコミックス)ホットロード (1) (マーガレットコミックス)
(1986/12)
紡木 たく

商品詳細を見る


やさしい手を、もってる (マーガレットコミックス (1065))やさしい手を、もってる (マーガレットコミックス (1065))
(1985/04)
紡木 たく

商品詳細を見る


BAD BOYS 1巻 (YKコミックス・JAPAN)BAD BOYS 1巻 (YKコミックス・JAPAN)
(2010/10/08)
田中 宏

商品詳細を見る

2010-03-11

角川グループが「魔法のiらんど」を買収

角川グループホールディングスの全額出資子会社で出版事業を手がけるアスキー・メディアワークスは、ケータイ小説の大手サイトを運営する「魔法のiらんど」社をを買収し、子会社化したと発表した。2月末までに「魔法のiらんど」の発行済み株式の70%を取得したもので、取得金額は明らかにしていない。今後、完全子会社化も視野に入れているという。

「魔法のiらんど」は、ケータイ小説サイトの草分け的存在で、約600万人が利用し、約120万作品が投稿されている。12~15%ともいわれる高めの印税設定で、人気作品の書籍化にも積極的に取り組んでおり、ドラマや映画にもなった「恋空」などを多数輩出している。

一方アスキー・メディアワークスでは2007年から「魔法のiらんど文庫」を創刊し、魔法のiらんど社と共にケータイ小説の文庫・書籍化事業を行っていた。この事業を通じて、両社事業の拡大発展のためには「魔法のiらんど社が角川グループの一員に加わること」が望ましいと判断。今回の子会社化に至ったという。

角川グループは出版事業で手薄だった10代女性向けコンテンツを拡充するとともに、電子書籍事業の拡大につなげるのが狙い。今後はケータイ小説の文庫・書籍だけでなく、単行本、コミック化も積極的に行うとのこと。さらに角川グループ側でも「魔法のiらんど」の600万ユーザーに対する各種情報のアプローチが可能となり、電子書籍事業の拡大をはじめとした各種施策への期待ができる。


「恋空別注」エコバッグ「恋空別注」エコバッグ
()
Honey Salon

商品詳細を見る


2010-01-26

NHKがケータイ小説をドラマ化

「魔法のi らんど」が開催したケータイクリエイターズフェスティバルのケータイ小説部門の受賞作が発表された。3回目となる今回は、応募制ではなく、魔法のiらんどで公開されている100万タイトル以上のほぼ全作品が審査対象となった。

 ユーザーの予選投票を経た100作品から、最優秀賞に選ばれたのは『キミノ名ヲ。(1) ~ミドリノクニ~』(梅谷 百)。作者の梅谷百(うめたに・もも))はすでに『妄想ジャンキー』が書籍化されている。書籍化作家が賞を獲るのは前代未聞のことで、一定のファンをつかんでいる作者に賞をあげて、売り上げにつなげる狙いが見てとれる。なお、本選投票によって選ばれた受賞作品はすべて書籍化されるという。

 また、NHK賞を受賞した『激恋 ~危ない先輩♂男嫌い後輩♀~』(みなづき未来)は、「ミスマガジン2009」でミスヤングマガジンに輝いた荒井萌(14)が主演し、NHKの連続ドラマ(木曜深夜0:10。4月8日スタート)として放送される。父親の浮気が原因で男性嫌いに陥った女子高生の初恋がテーマという。


激恋 ~危ない先輩♂男嫌い後輩♀~

キミノ名ヲ。(1) ~ミドリノクニ~


妄想ジャンキー〈上〉 (魔法のiらんど文庫)妄想ジャンキー〈上〉 (魔法のiらんど文庫)
(2008/07/25)
梅谷 百

商品詳細を見る


夏恋 ビター編―4つのラブ・コレクション (魔法のiらんど文庫)夏恋 ビター編―4つのラブ・コレクション (魔法のiらんど文庫)
(2008/07/25)
ナナセkuku

商品詳細を見る


2010-01-26

第4回日本ケータイ小説大賞が決定

毎日新聞社とスターツ出版が主催する「第4回日本ケータイ小説大賞」の大賞作品に、大阪府在住の高校生である繭(まゆ)さん(17歳)の『風にキス、君にキス。』が選ばれた。同作品は、協賛社である「TSUTAYA賞」、後援の「TBSブックス★賞」も受賞した。

『風にキス、君にキス。』は、突然の事故で選手生命を絶たれた高校陸上部の主人公の日向(ひなた)と、幼なじみ柚(ゆず)の恋愛を中心に、友情とかを描いたもの。なんと大賞発表十日後の1月14日に異例の早さで単行本として発売された。

また、優秀賞は、沙絢(さあや)さんの書いた『君を、何度でも愛そう。』。なお、大賞の応募総数は2529作品と、前回(第3回)の3350作品を大幅に下回った。

また、第4回日本ケータイ小説大賞の表彰式と受賞記念イベントは、繭さんとは何の関係もない東京都武蔵野市立第二中学校で行われた。受賞記念イベントでは、繭(まゆ)さんと、元マラソンランナーの有森裕子さん、ソフトボール選手の上野由岐子さんとで「夢に向かって」と題した課外授業を行ったという。


風にキス、君にキス。

君を、何度でも愛そう。


風にキス、君にキス。風にキス、君にキス。
(2010/01/14)


商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。