--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-18

日本ケータイ小説大賞

毎日新聞社、スターツ出版が主催するケータイ文学賞。第1回開催時は、「魔法のiらんど」も実行委員会として参加していましたが、第2回より離脱しています。第4回を迎える今回は協賛企業がつきませんでした。第3回に比べ、大賞賞金が半額になったほか、「野いちご」のみで作品の応募を受け付けるなど、規模が大幅に縮小しています。

<テーマ>
「15歳のキモチ。」
いま15歳の人、もう15歳を過ぎた人、ずっと昔に15歳だった人、
またこれから15歳になる人を対象に、
15歳の心に向けて書いた15歳の心に響く作品を募集する。

<開催スケジュール>
6/15(月) 13時よりエントリースタート
7/13(月) 第一次読者投票開始
9/3(木)  第一次読者投票締切
9/4(金) 第一次読者投票結果発表・公式サイトで第二次読者投票開始
10/1(木) 第二次読者投票締切
10/2(金) 最終審査候補15作品の発表・実行委員会による選考の開始
2010年1月初旬 「野いちご」「毎日新聞・スポニチ」などで入賞作品を発表

<賞金>
・大賞1作品(賞金100万円)
・優秀賞2作品(賞金30万円)
※受賞作品はスターツ出版より単行本または文庫として出版。
そのほかの作品も出版化の可能性あり。該当作なしの場合もあり。

<応募資格>
・プロ・アマ・年齢不問
・「野いちご」の小説投稿ページに掲載された小説のみ。
・ジャンルはオールジャンル。ただし、公序良俗に反するもの、
官能小説、差別的表現のある小説、過度な暴力的表現のある小説は不可。
・既に他のサイトで発表されたものも応募可だが、
著作権および著作隣接権が完全にフリーであることが条件。
・他の文学賞との二重応募は失格。

<原稿枚数>
「野いちご」小説投稿ページの200ページ以上
(1ページの最大文字数は1000字程度)
※未完成でも、9/3までに完結する予定であれば応募OK。短編は応募不可。

<選考方法>
読者が自由に投票を行い、9月4日に第一次読者投票通過作品として30作品を選出。その後、日本ケータイ小説大賞公式サイトで第二次読者投票を行い15作品に選抜後、実行委員会の最終審査により2010年1月初旬に大賞をはじめとした各賞を発表。
※審査員:日本ケータイ小説大賞実行委員会などを予定。

<公式サイト>
http://nkst.jp/

スポンサーサイト

2008-12-02

第2回 ポケスペ小説大賞

「ポケットスペース」から小説機能を特化した「ポケスペクリエイターズ」で行われるケータイ小説文学賞。

<賞>
小説大賞:賞金100万円+書籍化
ファンタジー賞:賞金10万円
バラエティ賞:賞金10万円
特別賞:賞金10万円
絵本賞:賞金10万円
ポケスペ編集部賞:賞金10万円
ボーイズラブ賞:賞金10万円
BLラバーズ編集部賞:賞金10万円

<応募資格>
・ポケクリの会員であること。
・プロ、アマ、年齢など一切問わない。
・ジャンル不問。ただし、公序良俗に反するものは不可。
・他の文学賞との二重応募は失格。
・書籍化されているもの、書籍化の予定があるものは不可。

<原稿枚数>
推奨文字数:50000文字以上(絵本を除く)
推奨原稿枚数:50ページ以上(1ページ文字数1000文字程度)
機種依存文字、絵文字は使用不可

<開催スケジュール>
12/1 ポケクリ内、開催イベントページにて投稿受付開始
1/15 18時 受付期間終了予定

<選考方法>
1次審査:ポケクリにてユーザー投票。
2次審査:審査員投票

<審査員>
早貸久敏(ゲームプロデューサー)
樋口卓治(放送作家)
佐藤マコト(サトラレの漫画家)
高野美穂(カラーアナリスト・作家)
川上純子(ソフトバンククリエイティブ文芸書籍編集部編集長) 
夏澄(第1回ポケスペ小説大賞作『ドロップ』著者)

<公式サイト>
http://pksp.jp/event.cgi?no=7&pg=1

2008-08-09

短編ケータイ文芸賞

中経出版が創設したケータイ文学賞。

受賞者の顔はこちら
(PDF注意。軽いけど)

2008-07-15

魔法のiらんど大賞2008(ケータイ小説部門)

ケータイ小説サイトの最大手「魔法のiらんど」が主催するケータイ文学賞で、2008年で二回目の開催。昨年行われた「魔法のiらんど大賞2007」では、ケータイ小説部門に2956作品の応募があり、優秀作品は書籍化されました。今回は、通年での優秀作品の表彰だけでなく、1年を3ヶ月ごとでフェイズ分けし、各フェイズごとに優秀作品を表彰します。

<開催スケジュール>(ケータイ小説部門)
■シーズン1
応募期間: 5月30日(金)13時~7月22日(火)13時
投票期間: 7月28日(月)13時~9月1日13時
受賞者発表: 9月8日(月)13時
■シーズン2
応募・投票期間:9月~11月(予定)
受賞者発表: 12月(予定)
■シーズン3
応募・投票期間:12月~09年2月(予定)
受賞者発表: 3月(予定)
■2008年度 年間グランプリ
受賞者発表: 2009年3月(予定)

<表彰・賞金>
シーズン1
■長編部門 1作品
記念品贈呈とアスキー・メディアワークスより書籍化(単行本)

■短編部門 複数作品
記念品贈呈とアスキー・メディアワークスより短編集として文庫化

■最優秀賞 1作品
長編・短編の受賞作いずれか1作品を、最優秀賞として表彰
賞金50万円と魔法のIらんどTVにてケータイドラマ化

<応募資格>
・プロ、アマ、年齢等は不問
・魔法のiらんどのBOOK機能で書かれた作品であること
・応募締め切りまでに規定ページ数をクリアして完結した作品であること。
・オリジナル作品であること
※未完でも仮応募は可能。ただし、審査対象となるのは完結作品のみ。

<規定ページ数>
[長編]
仮応募=50ページ以上
正式応募=200ページ以上500ページ以内

[短編]
仮応募=10ページ以上
正式応募=10ページ以上199ページ以内

<選考方法>
・ユーザー投票のほか、PV数、しおり数など様々な評価軸から独自のポイントシステムで審査。
・年間グランプリは、フェイズごとの受賞作品を含んだ全応募作品の中から、年間を通じたPV数、しおり数など様々な評価軸から独自のポイントシステムで審査。

<協賛企業>
「魔法のiらんど大賞2008」の賞金は08年6月末現在では未発表。
なお、昨年行われた「魔法のiらんど大賞2007」の主な協賛企業は下記の通り。
双葉社、メディアワークス、主婦の友社、ライブドアパブリッシング、ぶんか社
※「魔法のiらんど大賞2008」の協賛企業は、発表後に掲載します。


魔法のiらんど大賞2008 特設サイト
(応募規約等は特設サイトを参照してください)

2008-07-15

第2回おりおん☆小説大賞

ケータイ小説サイト「おりおん☆」で行われるケータイ小説文学賞。08年7月開始のもので2回目。ゴマブックスが主催、協賛企業は未定。

<賞>
近日発表予定。
ちなみに第1回は、
・大賞 賞金300万円+書籍化・映像化
・読者ランキング最多PV賞 賞金70万円+書籍化または文庫化
・優秀賞 賞金50万円+書籍化または文庫化
・部門賞 賞金30万円+書籍化または文庫化
・佳作 賞金10万円
・2次ノミネート作品賞 賞金3万円
・読者PVランキング賞 1万円の商品券 
の賞金総額1000万円だった。

<応募条件>
・プロ、アマ、年齢、ジャンル不問
・「おりおん☆」で作家登録しており、「おりおん☆」で書かれた作品であること。
 ID1つにつき何作品でも応募可能。
・第1回おりおん☆小説大賞に応募された作品もエントリー可能だが、受賞作品はエントリー不可。

<原稿枚数>
150ページ以上1000ページ以内で、2008年11月4日までに150ページ以上書かれ完結していること。

<開催スケジュール>
・募集期間 7月11日(金)~10月22日(水)
・第1次PVランキングスタート 10月22日(水)~11月4日(月)
 (上位500位までが対象)
・第2次PVランキングスタート 11月4日(月)~11月17日(月)
 (上位50作品のみのランキング)
・大賞および各賞発表 11月28日(金)

<選考方法>
・PV数による選考
 7月11日からのPV数をもとにPVランキングで選考
・最終選考はPV数および審査委員による審査によって決定。

<要綱>
http://de-view.net/index.php?LU=contents/taisho2/taisho2_youkou
※注意事項などは上記URLを参照のこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。