--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-13

片翼の瞳

宮城県在住の主婦で店員の”ナナセ”さんが、兄妹の禁断の恋を描いたケータイ小説。「第1回日本ケータイ小説大賞」で読者投票1位に輝き、2007年10月にメディアワークスより文庫本、単行本が同時発売されました。文庫本全3巻の合計初版部数は異例の45万部。なお、続編の『賭けた恋ー兄妹ー』も完結しています。


<『片翼の瞳』のあらすじ>
 高校2年生の早瀬瞳は、血の繋がった大学1年生の兄、聖(ひじり)に恋心を抱いていた。やがて、二人は互いを意識するようになり、周囲に内緒で付き合う。背徳の恋ながら、愛を深めていく二人であったが、時が経つうちに、周囲に二人の交際が知れ渡ってしまい、聖(ひじり)は「このままではいけない」と、妹の瞳に別れを切り出す。しかしそのとき、瞳のお腹の中には兄の聖(ひじり)の子供が宿っていた…。
 瞳の妊娠を知った父・母は当然猛反対するが、瞳は「産みたい」と強く決心をする。その後、瞳は事故に遭い、子供を流産する。二人はとりあえずは兄妹の関係に戻り、「大人になったら結婚しよう」と誓い合うのであった。


<『片翼の瞳』を読む!>

Dependence

片翼の瞳

賭けた恋-兄妹-


片翼の瞳 上 (1)片翼の瞳 上 (1)
(2007/10)
ナナセ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。