--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-30

大ヒット「恋空」 原作者は正体不明なまま

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000002-gen-ent

ケータイ小説を映画化した「恋空」が、空前の大ヒットだ。公開3週目で観客動員は160万人を突破。総興行収入は40億円を超える勢いである。
 封切りは、ヒット映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と同じ11月3日。公開1週目こそ「ALWAYS~」の後塵を拝したものの、その後は2週連続で「恋空」がトップなのだ。
「原作は“ケータイ小説ブーム”の火付け役で、女子高生を中心に1200万人が読んだとされます。昨年10月に単行本化されると、たちまちベストセラーとなり、上下巻合わせて195万部も売れました」(出版関係者)
 ストーリーは平凡な女子高生が、ワルな少年と恋に落ち、波乱の人生を歩むという恋愛モノ。主人公にはレイプや自殺未遂、妊娠、別れ……と、数々の試練が襲いかかるが、すべて著者自身の実体験に基づいた物語だという。
 となると、ますます原作者の正体が知りたくなるが、原作者の美嘉は、作家経験ゼロのド素人で、完全にベールに包まれている。
 単行本の出版元「スターツ出版」は「プロフィルは口外できません」とにべもない。そこで彼女が公開中のブログを全部チェックし、推察したところ――。
 現在23歳。実家を離れ、現在は都内で犬とともに一人暮らし。ブログを見る限り、働いているふうには思えない。ミスチルの大ファンで、最近は入浴剤にハマっている。映画で主演した新垣結衣(19)と同じように胸の辺りまで髪を伸ばしているそうだが……。アナタの周りに最近、大金を手にしたこんなタイプの子はいませんか?
スポンサーサイト

2007-11-29

50万部の大ヒットケータイ小説『クロスロード~あの日の約束~』のCDリリース決定!!

http://prw.kyodonews.jp/open/nfrelease.do?r=200711223357

 コンテンツファンド事業を展開する株式会社ライツバンクは、シリーズ50万部の大ヒットケータイ小説クロスロード~あの日の約束~』(泉忠司&晴香葉子著)のCDを来年1月末に発売する。
 CDは、『クロスロード~あの日の約束~』の著者である泉忠司氏がトータルプロデュース。ケータイ小説のイメージソングCDとして、小説のストーリーに沿った楽曲構成になっており、泉忠司氏本人が作詞を担当、当ケータイ小説の読者であったシンガーソングライター「山本佳奈」が作曲とボーカルを担当している。
 また、今回のCDの制作費は、今年9月にミュージックファンドによって募集され、ファンをはじめとするリスナーからファンド史上最短となる12日間で100万円を集めた。来年1月末のCDリリースにさきがけ、収録曲の一部はすでにJOYSOUNDでカラオケにも入曲されており、発売前から多くのファンの注目を集めている。

クロスロード―あの日の約束クロスロード―あの日の約束
(2006/09)
泉 忠司、晴香 葉子 他

商品詳細を見る


クロスロード~あの日の約束~クロスロード~あの日の約束~
(2008/01/25)
山本佳奈

商品詳細を見る

2007-11-29

「ケータイ小説」連動ビジネス広がる、10代女性に的

http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20071126AT1D150DT22112007.html

 アマチュア作家が携帯電話サイトを通じて発表する「ケータイ小説」を活用したビジネスが広がってきた。単行本の出版だけでなく、文庫やコミック、映画、音楽など様々な媒体と連動させる作品が相次いでいる。ケータイ小説の支持層である10代女性らの安定した需要が見込めるためで、出版・ネット関連企業はコンテンツビジネスの起爆剤とみて取り組みを加速させている。

 ケータイ小説投稿サイト「フォレストノベル」を運営するビジュアルワークスは、映画原作として公募した長編作品の中からユーザー投票で天使のいた屋上を選んだ。第一興商などが近く製作委員会を組織し、来春に劇場公開する。主題歌の歌詞やエキストラ出演者もサイトで募った。

天使のいた屋上天使のいた屋上
(2007/11/21)
白鳥 加寿彦

商品詳細を見る

2007-11-24

<オリコン>ケータイ小説に参入 ゴマブックスと「おりおん☆」開設へ

http://mainichi.jp/life/electronics/news/20071123mog00m300010000c.html

 ランキング調査の「オリコン」はは22日、出版社「ゴマブックス」などと共同で、若者に人気のケータイ小説を投稿する携帯電話用サイト「おりおん☆」を12月1日に開設することを明らかにした。

 「ケータイ小説」は、携帯電話で発表する形式で、10代を中心に人気を集めている小説。今回、芸能界へのデビューを支援する雑誌「De-View」を発行しているオリコンと、凛さんのケータイ小説「もしもキミが。」「今でもキミを。」を出版し、いずれも40万部を発行しているゴマブックス、携帯電話向けコンテンツの制作・運営のサクセスネットワークスの3社で、サイトを展開し、新たな作家の発掘を目指す。

 「おりおん☆」では、無料の会員登録で小説の投稿閲覧ができるほか、凛さんやケータイ小説「赤い糸」のメイさんら人気作家の新連載、「De-View」と連動して投稿小説の人気ランキングを発表し、上位作品は出版・映像化を展開する予定。

 ゲストとして出席した凛さんは「新しいケータイ小説家がどんどん出てきて欲しい」とエールを送った。オリコンの小池恒社長は「誰でもヒット作家になれるチャンス。新しい才能を世の中に出していくことが使命」と話し、ゴマブックスの嬉野勝美社長は「(音楽情報に強い)オリコンとのシナジーを生かし、書籍から音楽・映像と積極的にコラボレーションしていく」と意欲を語った。23日からプレサイトがオープンする予定。

おりおん☆

2007-11-20

美嘉・著『恋空』(上巻)100万部突破 !!

美嘉・著『恋空』(上巻)100万部突破 !!
ミリオンセラー作品へ。上・下巻をあわせ195万部 超え!

◆書籍からマンガ、そして映画へ恋空現象!書籍は195.5万部に!

◆映画『恋空』11月13日付け興行ランキング第1位!!大ヒット上映中

◆もう一つの物語『君空』10月24日発売から3週間で47万部突破!!

※「スターツ出版」書籍ニュースより

みんなの恋空みんなの恋空
(2008/01)
美嘉、魔法のiらんどクリエイターズ 他

商品詳細を見る

2007-11-20

CROOZ!ブログ発!大人気ケータイ小説「彼氏争奪戦」が書籍化決定

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000000082.html

モバイル総合エンターテイメント企業の株式会社ウェブドゥジャパンは、モバイル専用ブログサイト「CROOZ!ブログ」にて大好評連載中の人気ブログ「彼氏争奪戦」(作者:コップ)を、2007年11月21日より全国書店にて発売する。

<小説「彼氏争奪戦」について>
------------------------------------------------------------------
 女子大生コップは、彼氏で塾の講師でもあるダァと順調な日々を送っていた。しかし、ふと見てしまった彼氏の携帯に塾の生徒である女子高生のあゆみとのメールが。しかもあゆみはダァが好き。あゆみのアプローチは段々エスカレートしていき、ダァを信じられなくなる。そしてコップの心と体は妄想、過食症、自殺未遂と苦しめられる日々を送る。ダァはどちらを選ぶのか。コップの決意と驚きの行動に、衝撃と感動の結末が・・・・・

■ブログ連載期間:2007年9月 ~ 11月
■出版元:竹書房
■発売日:2007年11月21日
■予価: 1,000円 (税抜)

彼氏争奪戦彼氏争奪戦
(2007/11/21)
コップ

商品詳細を見る

2007-11-20

BIGLOBE、独自のケータイ小説制作 ブログ通じて作家発掘

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/16/news096.html

NECビッグローブはこのほど、オリジナル小説を制作して携帯電話などに配信するオンライン出版事業「BIGLOBEパブリッシング」を始めた。

 ブログなどを通じて作家を発掘。共同で作品を企画し、読者ニーズや時代背景などを反映した作品のタイムリーな出版を目指す。

 第1弾として、携帯電話向け小説で実績があるLiLyさんの「パープルレイン~六本木、金曜、深夜~」を、「BIGLOBEケータイ書店」で公開した。12月中旬からは、ブログで発掘した香ん乃さんの「添い寝請負人」を配信する。

 2009年3月末までに40作品の公開を目指すほか、作品の書籍化や映像化も検討する。

2007-11-20

第2回「Gocco文学賞~ホラー・サスペンス部門~」 結果発表最優秀賞・特別賞などを決定

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000000221.html

Gocco株式会社は、自社が運営するモバイル向けSNS「Gocco(ごっこ)」にて開催したケータイ小説コンテスト「第2回Gocco文学賞~ホラー・サスペンス部門~」の応募作品の中から、最優秀賞および映画「伝染歌」のプロデューサー選出の「伝染歌」賞を決定した。最優秀賞には、賞金10万円が進呈される。

■「Gocco文学賞~ホラー・サスペンス部門~」入賞作品一覧

・最優秀賞
作品名 : 「キミをもっと知りたくて」
作品URL : http://gocco.jp/b/kimimotsu
著者名 : しろいちじく

・「伝染歌」賞/特別賞   ※特別賞ともに受賞
作品名 : 「朝、起きたら妹が織田信長になっていた。」
作品URL : http://gocco.jp/b/bozuman2
著者 : ぼーずまん

●発表ページ
http://gocco.jp/book_top.do

2007-11-06

空 & ねぇ、まこと。

『空』は、『天使がくれたもの』”Chaco”さんがファンの実話を元に書いたケータイ小説。『ねぇ、まこと。』は”Chaco”さんが、天くれのカグが死んだあと、20~23歳のときに付き合っていた当時の彼氏”まこと”との辛く濃い恋愛体験を描いたもの。全編が"まこと"への語り口調でつづられています。


<『空』のあらすじ>
 主人公の井上沙代は中学3年生の15歳。沙代には、中学入学時からつきあっている笠井健太郎という彼がいる。ふたりは学校でも公認のカップルだが、ワルで有名な健太郎は女の子にもモテることが心配。
 また、厳格な沙代の父親は、不良である健太郎のことが気にいらず、二人の交際に反対していた。それでも、幼いながらに、大事に愛を深めていた二人。沙代は中学最後のクリスマスそして初詣を最後に、受験勉強に専念する決意をした。父親により、受験が終わるまで家から出してもらえなくなった沙代だが、会えない時間が増えていっても、今よりもっと幸せになるために二人でがんばって乗り越えよう、と決意し、二人は互いに信じ合い、支え合っていた。
 ある日、受験勉強に根を詰める沙代を見かねた母親は、沙代に健太郎と会うことを許可する。久しぶりにデートができて、お互いの気持ちを確かめ合う二人。しかしそのデートの帰り道に、健太郎はバイク事故で帰らぬ人になってしまう…。


<『ねぇ、まこと。』のあらすじ>
『天くれ』後の20歳のChacoは、あるきっかけでまことと知り合い、付き合うことになる。だが、恋愛に苦労はつきもの。まこととの気持ちのすれ違いに、苦しい恋愛をすることになる。冷たい対応をされながらも時折見せられるまことの優しさに、都合のいい女となってしまうが…。


<『空』、『ねぇ、まこと。』を読む!>

White Canvas
(現在、『空』、『ねぇ、まこと。』は一部しか読めません)


空
(2006/10/25)
chaco

商品詳細を見る


ねえ、まこと。ねえ、まこと。
(2006/12)
Chaco

商品詳細を見る

2007-11-06

また会いたくて

群馬県に住む”SINKA”さんの10年にも及ぶ自らの体験をつづった自伝的ケータイ小説。ちなみに「SINKA」とは沖縄の方言で「友達」の意味だとか。双葉社から書籍化されました。


<『また会いたくて』のあらすじ>
中学1年生の秋、シンは隣町の中学に通うユウと出会う。学校にも行かない中途半端な不良だったシンは、ユウのためにバンドを始め、悩みながらも前に進んで行くことを決意する。しかし、そんな2人を衝撃的な事件が襲う。ユウが中年男性にレイプされ、橋から川へ身を投げ自殺したのだ。やがて、カラーギャングを組織し、ドラッグにおぼれるシン。舎弟のカズキがバットで頭を殴られ、植物人間になるなど、残されたシンは一人で過酷な運命を背負って生きて行く。最後には彼女の歌声とよく似ている人に出会い、もう一度歌い直すことに…。


<『また会いたくて』を読む!>

SINKA 透明な咆哮

また会いたくて


また会いたくてまた会いたくて
(2006/08)
SINKA

商品詳細を見る

2007-11-06

もしもキミが。

福岡の短大を卒業し保育士をしている”凜”さんのケータイ小説。魔法のiらんどで連載されていました。ゴマブックスから刊行された恋愛小説集『ケータイからあふれたLOVE STORY』に収録されたのち、単独書籍化されました。主人公・優基のその後の人生を描いた『今でもキミを。』も書籍化されています。


<『もしもキミが。』のあらすじ>
 中学3年生の優基は、容姿端麗で学校中の女の子の憧れの的だった。だが、そんな優基には彼女はいない。その理由は幼なじみの麻樹に恋をしているからだ。もの心つく前から優基の隣にはいつも麻樹がいた。ある日、優基は、麻樹がエイズに感染していることを知る…。
 確実に病魔は麻樹の身体を蝕んでいき、昏睡状態に陥った麻樹を必死になって看病する優基。そんなとき、優基は麻樹から自分宛の手紙を見つけ、麻樹の愛情を再確認する。やがて麻樹の容態は急変、危篤状態に。意識を取り戻すことを祈りながら千羽鶴を折る優基たち。この想いは麻樹に届くのだろうか…。

<『今でもキミを。』のあらすじ>
麻樹を病気で失った優基は、いつまでたっても麻樹のことを忘れることができなかった。そんなとき、麻樹のいとこのナオと出会い、優基は次第に現実を受けとめられるようになる。やがて、優基とナオは結婚し、生まれた子供の名を麻樹にした…。今でもキミを想っていると。


<『もしもキミが。』を読む!>

☆RINBOOKS☆

もしもキミが。

今でもキミを。


もしもキミが。もしもキミが。
(2006/12/08)


商品詳細を見る


今でもキミを。今でもキミを。
(2007/04)


商品詳細を見る


2007-11-06

大好きやったんやで

元ホストの”れい”さんが最初はホストラブに、その後は魔法のiらんどに書いた全編関西弁の切ないラブストーリー。河出書房新社より上下巻の書籍が出版されています。れいさんは現在、ホストを辞めて、北海道の牧場で働きながら通信制の高校に通っているとのこと。


<『大好きやったんやで』のあらすじ>
 2005年冬。歌舞伎町のホスト・れいは、見慣れた風林会館の前でドレスを来てしゃがみこんでいる「変な女」に出会う。女は震えながら「今から死ぬから」 とつぶやき、れいに5万円を貸せと言う。れいはなぜか財布から5万円を出した。女は夜の歌舞伎町へ消えていった。
 この衝撃的な出会いのあと偶然の再会を経て、れいとさやかは恋人同士になる。しかし、幸せな日々も束の間、二人に悪魔の影が忍び寄る。さやかは白血病に冒されていた…。やがて、さやかは息を引き取る。


<『大好きやったんやで』を読む!>

れいのホームページ

大好きやったんやで



大好きやったんやで 上 (1)大好きやったんやで 上 (1)
(2007/06)
れい

商品詳細を見る


大好きやったんやで 下 (3)大好きやったんやで 下 (3)
(2007/06)
れい

商品詳細を見る

2007-11-06

teddy bear

”べあ姫”さんが書いた、実話を元にしたフィクション。魔法のiらんどで連載されたあと、ゴマブックスから書籍化されています。また、サイドストーリーである『光teddy bear』も書籍化されています。『光teddy bear』では、死んでいった成也の視点で『teddy bear』が描かれています。


<『teddy bear』のあらすじ>
 高校1年生の鈴木晴奈は、学校に通ううちに友達の輪も広がり、高校生活を楽しんでいたが、何か物足りなさを感じ、やがては不登校になってしまう。そんな時に出会ったのが、街で晴奈の事をナンパしてきた塚本成也だった。成也にはすでに彼女もおり、晴奈も彼氏など要らないと思っていたため、互いをメル友としてしか見ていなかった。
 そんなある日、成也は彼女に振られたことを晴菜にメールで報告する。「付き合おう」。成也からの突然のメール告白に戸惑う晴奈。しかし、断る事で嫌われるのが嫌だった晴奈は、思わずOKしてしまう。最初は、成也は晴奈を「彼女の代わり」としかみておらず、晴奈も彼女の代わりと分かった上で付き合っていたが、次第に二人の心は通い合っていく。
 しかし、友達とも遊べないほどの成也の束縛ぶりを窮屈に思った晴菜は、成也と別れてしまう。しかし、その束縛は、若年性アルツハイマーにかかった成也が晴菜を忘れたくないがための行動だった。成也の愛情の深さを知った晴奈は、成也とともに生きていこうと思い、病気と闘う成也の側にいつもいることにした。しかし、成也の病状は悪化し、やがては信号が分らなくなり、交通事故で植物人間になったあげくに死んでしまった。残された晴奈は周りの友達に支えられながら成也の分まで一生懸命生きていこうと誓う。


<『teddy bear』を読む!>

べあ姫のホームページ

teddy bear

光teddy bear~今、君に伝える~


teddybear―ケータイからあふれたLOVE STORY〈2〉 (ケータイからあふれたLOVE STORY (2))teddybear―ケータイからあふれたLOVE STORY〈2〉 (ケータイからあふれたLOVE STORY (2))
(2006/07)
べあ姫

商品詳細を見る


光-teddybear2-光-teddybear2-
(2007/07/25)
べあ姫

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。