--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-27

プリンセス & DROP

『プリンセス』は、フリーターの陽未(ひみ)さんが書いた長編小説。第1回日本ケータイ小説大賞のTSUTAYA賞作品で、スターツ出版より書籍化されています。陽未さんのサイト「JEWEL -sweet love-」には短編、長編合わせ、10作以上の小説がアップされています。

07年12月にスターツ出版より書籍化された『DROP』(ドロップ)は、『5回目のキス』という短編の長編化バージョンで、「芸能人との恋の話」を読みたいという読者の声に応えたものだとか。


<『プリンセス』のあらすじ>
 由緒ある家のお嬢様、心菜(ここな)と代々護衛をつとめる家に生まれた陽呂(ひろ)。高校生の二人が、お互いの気持ちを確かめ合わせないまま、親同士の都合で婚約させられた。子どもの頃から陽呂が好きな心菜は、本当の気持ちを陽呂に伝えられない。それは昔、心菜にケガをさせた傷あとの責任を感じて婚約を承諾したと思っているから…。
 心菜に急接近してくる生徒会長・壱の存在によって、心菜を好きな気持ちに気づいていく陽呂。すれ違いながらも、やっとお互いの気持ちを確かめ合う。両想いになってからも、いじっぱりな性格は直らず、なかなか素直になれない心菜。そんな心菜を優しく見守る陽呂。ふたりの切なくて甘い、ハッピーエンドなラブストーリー。


<『DROP』のあらすじ>
女子高生の雫(しずく)は、通学電車で出会った超イケメンの圭矢(けいし)に一目ぼれする。雫は圭矢に告白するが、クールなケイシは「誰とも付き合う気はない」と、素っ気ない態度。しかし、雫の猛アタックに、圭矢はだんだん心を開いていき、めでたく付き合うことに。
 しかし、雫の友達が、圭矢の写真を雑誌に送ったことがキッカケで、ケイシは雑誌のモデルからCDデビュー、やがてはドラマ出演など、とんとん拍子で人気アイドルになっていく(圭矢、陸、直哉、祥平のアイドルグループの名前が「DROP」)。
 どんどん近付きにくくなっていく圭矢に、不安を感じる雫。彼氏とは対照的にごく普通の女子高生に過ぎない雫は、棚卸しのバイトで出会った巧から想いを寄せられる。圭矢と雫の恋はどうなってしまうのか?最後は雫と圭矢が無事くっつく。


<『プリンセス』、『DROP』を読む!>

JEWEL -sweet love-

プリンセス

DROP

プリンセスプリンセス
(2007/03)
陽未

商品詳細を見る


ドロップドロップ
(2007/12)
陽未

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2008-01-18

「恋空」原作者・美嘉氏が初の作詞

「恋空」の原作者・美嘉氏が初めて作詞を手がけたことが分かった。恋空をテーマにしたコンセプトアルバムの収録曲「靴あと。~見上げた空、もっと広くて~」で悪性リンパ腫で死んだ恋人・ヒロの心情を描いている。

 美嘉氏は「恋空」の大ブームに対して「何らかの形で応援してくれたファンにお返しをしたい」と考えていた。アルバムの話を耳にして、歌詞という形でのお返しにたどり着いたという。

 男性側の心情を描いたということで、ボーカルはイケメン俳優としても活躍する加藤和樹が担当。作曲は「恋空」の主人公2人の思い出の曲、浜崎あゆみの「Who…」も書いた菊池一仁氏が手がけている。アルバムには「魔法のiらんど大賞2007」の音楽部門で人気のあった「恋空」ソングの上位5曲と「Who…」、「靴あと。-」の7曲が収録されている。

http://www.daily.co.jp/gossip/2008/01/09/0000794952.shtml

「靴あと。」の歌詞はこちら


I LOVE 恋空 from 魔法のiらんどI LOVE 恋空 from 魔法のiらんど
(2008/01/30)
オムニバス、Sugar Call 他

商品詳細を見る

2008-01-13

片翼の瞳

宮城県在住の主婦で店員の”ナナセ”さんが、兄妹の禁断の恋を描いたケータイ小説。「第1回日本ケータイ小説大賞」で読者投票1位に輝き、2007年10月にメディアワークスより文庫本、単行本が同時発売されました。文庫本全3巻の合計初版部数は異例の45万部。なお、続編の『賭けた恋ー兄妹ー』も完結しています。


<『片翼の瞳』のあらすじ>
 高校2年生の早瀬瞳は、血の繋がった大学1年生の兄、聖(ひじり)に恋心を抱いていた。やがて、二人は互いを意識するようになり、周囲に内緒で付き合う。背徳の恋ながら、愛を深めていく二人であったが、時が経つうちに、周囲に二人の交際が知れ渡ってしまい、聖(ひじり)は「このままではいけない」と、妹の瞳に別れを切り出す。しかしそのとき、瞳のお腹の中には兄の聖(ひじり)の子供が宿っていた…。
 瞳の妊娠を知った父・母は当然猛反対するが、瞳は「産みたい」と強く決心をする。その後、瞳は事故に遭い、子供を流産する。二人はとりあえずは兄妹の関係に戻り、「大人になったら結婚しよう」と誓い合うのであった。


<『片翼の瞳』を読む!>

Dependence

片翼の瞳

賭けた恋-兄妹-


片翼の瞳 上 (1)片翼の瞳 上 (1)
(2007/10)
ナナセ

商品詳細を見る

2008-01-13

最愛の君へ。

モバゲータウン第1回小説大賞を受賞した”美帆”さんのケータイ小説。講談社から書籍化されました。高校生と女教師の恋愛を描いています。

<『最愛の君へ。』のあらすじ>
 兵庫県の高校3年生の立花将は、今まで金にも女にも何の不自由もなく暮らしてきた。見た目重視で体目当ての恋愛しかしてこなかった将は、あるとき、高いバッグなどを買い与えてかわいがっていたアキという女に、逆に遊ばれていたことを知り、自暴自棄になる。これがきっかけとなり、彼も「真剣に人を愛すること、愛されること」への欲求を覚え始めるのだった。
 そんなとき、将は、夏の補習で親身になって勉強を教えてくれた28歳の英語教師・秋元京子に恋をする。京子も、本当は純粋な将に惹かれ、付き合うことに。二人は「愛することの喜び、愛される幸せ」を噛みしめるが、生徒と教師の恋愛は、予想以上に苦しいものだった…。
 二人の交際の秘密を知った男性体育教師は、京子を脅して強姦。そこに居合わせた将は、体育教師を殴り、二人は江ノ島へと駆け落ちをする。二人はそこで新しい生活を始めるが、京子のお腹の中には体育教師との子供が宿っていた。子供に罪はないとして、産むことを決めた京子に対し、将は別れを告げる。しかし、将はしだいに子供と先生を守りたいと思うようになり、よりを戻す。
 年が明け、安産のお守りを買って、アパートに帰ろうとした二人は警察に任意同行を求められる。将の両親から捜索願が出されていたのだ。驚いた将は京子の手を取って逃げ出したが、そこに突然車が突っ込んでくる。京子をかばった将は車にはねられて植物人間になってしまう。
 それから5年、将は23歳の若さで死んだ。京子は子供を産み、愛音と名付けて、育てていた。京子の子供は実は将との間にできた子だったのだ。 


<『最愛の君へ。』を読む!>

最愛の君へ。
(携帯電話でしか読めません。モバゲーの会員登録も必要です)


最愛の君へ。最愛の君へ。
(2007/12/19)
美帆

商品詳細を見る

2008-01-06

最後の約束

千葉県在住の主婦”美由”さんが魔法のiらんどで連載していたケータイ小説。双葉社から書籍化されています。書籍の帯文によると、「狂おしい程の純愛を描いた衝撃の実話」とされています。


<『最後の約束』のあらすじ>
 中学3年の渡瀬美咲は、街で中年男性から援助交際をせまられていたところを陽生(ヒロキ)に助けてもらう。陽生は、美咲がこれから入学する高校の教師だった‥。教師と生徒という立場ながら恋に落ちる二人。
 様々な困難を乗り越え、愛を貫く二人であったが、美咲が高校を卒業し、ようやく正々堂々と付き合えると思ったとたん、陽生は両親の都合で取引先のお嬢さんと結婚させられてしまう。その後、美咲と陽生は別れや不倫を経るが、どうにもならなくなった陽生は美咲を残し自殺してしまう…。


<『最後の約束』を読む!>

美由のホームページ

最後の約束

最後の約束最後の約束
(2007/07)
美由

商品詳細を見る

2008-01-06

戦場のサレ妻

主婦の"くうな"さんが魔法のiらんどに連載していたやや大人向けのケータイ小説。元々は恋空と同様に「ホストラブ」で連載されていました。実体験に基づいて書かれています。08年4月1日に主婦の友社より書籍化されます(著者名は蓮居くうな)。ト書き風に書かれているのが特徴です。


<『戦場のサレ妻』のあらすじ>
 20代後半の主婦・空には夫と3人の子供がいる。ある日、空は夫の携帯電話に残されていた自分の相談相手と夫との不倫の証拠を見つけてしまい愕然とする。その日から、空は夫の浮気の証拠を少しずつ洗い出していく。なんと、夫の愛人は夫の子を身ごもっていた…。
 数ヶ月かけて夫の浮気の状況証拠と物的証拠を大量に集めた空は、それをもとに夫との直接対決に挑む。結果、追い出された夫は愛人の元へ行き、空は子供3人と新たな生活をはじめる。やがて、愛人の妊娠が嘘だったことを知った夫は空に復縁を迫るが…。


<『戦場のサレ妻』を読む!>

くうなの世界

戦場のサレ妻


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。