--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-26

これから紹介しようと思っている作品

『この涙が枯れるまで』『この声が枯れるまで』(ゆき)<完成>
『K』(momo)
『みずたま』 (Chaco)
『星空』『君の隣で』(流奈)<完成>
『恋愛約束』(結衣)
『Tokyo real』(Ryu)
『呪い遊び』 (Saori)
『永遠の夢』『永遠の願い』(百音)<完成>
『携帯彼氏』(kagen)<完成>
『ラスト・ゲーム』(かな)
『白いジャージ』(reY)
『Bitter』(秋桜)
『儚い者たち』(ERINA)
『JEWEL』(陽未)
『Pure heart 赤』(十和)
『王子様の秘密』(拓海)
『青い春よ』(田辺雄也)
『闇の中のヒカリ Shine』『君に、もう一度出会うために』(菜穂)
『Re:涙雨、』『Dear涙雨。』(飛鳥)
『14日間の恋』(涼香)
『意地悪彼氏』(由奈)
『S彼氏上々』(ももしろ)
『泣き顔にKISS』(ツムギ)
『Six Days』(ナナセ)<完成>

よい作品がたくさんあって困ってます。。。
ケータイ小説ちょっと多すぎる…
スポンサーサイト

2008-07-15

魔法のiらんど大賞2008(ケータイ小説部門)

ケータイ小説サイトの最大手「魔法のiらんど」が主催するケータイ文学賞で、2008年で二回目の開催。昨年行われた「魔法のiらんど大賞2007」では、ケータイ小説部門に2956作品の応募があり、優秀作品は書籍化されました。今回は、通年での優秀作品の表彰だけでなく、1年を3ヶ月ごとでフェイズ分けし、各フェイズごとに優秀作品を表彰します。

<開催スケジュール>(ケータイ小説部門)
■シーズン1
応募期間: 5月30日(金)13時~7月22日(火)13時
投票期間: 7月28日(月)13時~9月1日13時
受賞者発表: 9月8日(月)13時
■シーズン2
応募・投票期間:9月~11月(予定)
受賞者発表: 12月(予定)
■シーズン3
応募・投票期間:12月~09年2月(予定)
受賞者発表: 3月(予定)
■2008年度 年間グランプリ
受賞者発表: 2009年3月(予定)

<表彰・賞金>
シーズン1
■長編部門 1作品
記念品贈呈とアスキー・メディアワークスより書籍化(単行本)

■短編部門 複数作品
記念品贈呈とアスキー・メディアワークスより短編集として文庫化

■最優秀賞 1作品
長編・短編の受賞作いずれか1作品を、最優秀賞として表彰
賞金50万円と魔法のIらんどTVにてケータイドラマ化

<応募資格>
・プロ、アマ、年齢等は不問
・魔法のiらんどのBOOK機能で書かれた作品であること
・応募締め切りまでに規定ページ数をクリアして完結した作品であること。
・オリジナル作品であること
※未完でも仮応募は可能。ただし、審査対象となるのは完結作品のみ。

<規定ページ数>
[長編]
仮応募=50ページ以上
正式応募=200ページ以上500ページ以内

[短編]
仮応募=10ページ以上
正式応募=10ページ以上199ページ以内

<選考方法>
・ユーザー投票のほか、PV数、しおり数など様々な評価軸から独自のポイントシステムで審査。
・年間グランプリは、フェイズごとの受賞作品を含んだ全応募作品の中から、年間を通じたPV数、しおり数など様々な評価軸から独自のポイントシステムで審査。

<協賛企業>
「魔法のiらんど大賞2008」の賞金は08年6月末現在では未発表。
なお、昨年行われた「魔法のiらんど大賞2007」の主な協賛企業は下記の通り。
双葉社、メディアワークス、主婦の友社、ライブドアパブリッシング、ぶんか社
※「魔法のiらんど大賞2008」の協賛企業は、発表後に掲載します。


魔法のiらんど大賞2008 特設サイト
(応募規約等は特設サイトを参照してください)

2008-07-15

トリンプの下着販促用ケータイ小説が連載開始

29歳の主婦でOLのreY(レイ)さんが、トリンプの下着を題材にしたケータイ小説を「野いちご」で連載開始した。小説の中にトリンプの下着を着たり選んだりするシーンを登場させ、販促につなげるのが狙い。7月から12月まで毎月5日ころに更新される。なお、7月のテーマは「夏祭り」で、浴衣の下に着るのに適したカップ付きのロング丈インナーが登場するという。

各月のテーマと、題材となる下着は以下の通り。

7月 夏祭り(カップ付丈長インナー)
8月 避暑(ドット柄スリップ&ペチコート&フレアパンティ)
9月 ファッション(あたたかい深Vインナー)
10月 パーティー(あたたかいミニスリップ)
11月 秋の夜長(あたたかいルームインナー)
12月 クリスマス(未定)

http://no-ichigo.jp/special/0808/01.pc.php



トリンプの超スピード経営―即断即決・即時対応のマネジメントトリンプの超スピード経営―即断即決・即時対応のマネジメント
(1999/10)
関 建一郎

商品詳細を見る

2008-07-15

第2回おりおん☆小説大賞

ケータイ小説サイト「おりおん☆」で行われるケータイ小説文学賞。08年7月開始のもので2回目。ゴマブックスが主催、協賛企業は未定。

<賞>
近日発表予定。
ちなみに第1回は、
・大賞 賞金300万円+書籍化・映像化
・読者ランキング最多PV賞 賞金70万円+書籍化または文庫化
・優秀賞 賞金50万円+書籍化または文庫化
・部門賞 賞金30万円+書籍化または文庫化
・佳作 賞金10万円
・2次ノミネート作品賞 賞金3万円
・読者PVランキング賞 1万円の商品券 
の賞金総額1000万円だった。

<応募条件>
・プロ、アマ、年齢、ジャンル不問
・「おりおん☆」で作家登録しており、「おりおん☆」で書かれた作品であること。
 ID1つにつき何作品でも応募可能。
・第1回おりおん☆小説大賞に応募された作品もエントリー可能だが、受賞作品はエントリー不可。

<原稿枚数>
150ページ以上1000ページ以内で、2008年11月4日までに150ページ以上書かれ完結していること。

<開催スケジュール>
・募集期間 7月11日(金)~10月22日(水)
・第1次PVランキングスタート 10月22日(水)~11月4日(月)
 (上位500位までが対象)
・第2次PVランキングスタート 11月4日(月)~11月17日(月)
 (上位50作品のみのランキング)
・大賞および各賞発表 11月28日(金)

<選考方法>
・PV数による選考
 7月11日からのPV数をもとにPVランキングで選考
・最終選考はPV数および審査委員による審査によって決定。

<要綱>
http://de-view.net/index.php?LU=contents/taisho2/taisho2_youkou
※注意事項などは上記URLを参照のこと。

2008-07-15

「おりおん☆」からヨコガキで読む名作文学が発売

ゴマブックスは、著作権の切れた過去の名作を横書きにした「ヨコガキ名作文学シリーズ」を8月1日から全国書店で発売する。

初回に刊行する作品は、ケータイ小説投稿サイト「おりおん☆」に掲載されている『こころ』(夏目漱石)、『人間失格』(太宰治)の2作。著名漫画家のイラストをカバーに使ってヒットした集英社文庫の二番煎じを狙う。

ゴマブックス版では、カバー写真に映画&ドラマ『赤い糸』の主演に決まった南沢奈央を起用する。判型は四六判の変形で、予定価格は840円。なお、小畑健がカバーイラストを描いた集英社文庫の『こころ』は320円、『人間失格』は270円。


人間失格 (集英社文庫)人間失格 (集英社文庫)
(1990/11)
太宰 治

商品詳細を見る


こころ (集英社文庫) (集英社文庫)こころ (集英社文庫) (集英社文庫)
(1991/02/20)
夏目 漱石

商品詳細を見る

2008-07-05

"ゆず"の歌を題材にしたケータイ小説書籍が発売決定

人気デュオ「ゆず」の楽曲を題材にしたオリジナル短編小説集『ゆず恋』が8月8日に講談社から発売されることが決まった。 『ゆず恋』には、ゆずの「Yesterday and Tomorrow」、「君宛のメロディー」、「うまく言えない」の3曲のラブソングを題材にした3つの物語が収録される。

小説を執筆するのは、ケータイ小説サイト「魔法のiらんど」お抱えのケータイ小説作家3名で、「Yesterday and Tomorrow」を『Re:涙雨、』の作者・飛鳥、「君宛のメロディー」を『もう二度と流れない雲』のнаяч(ハル)、「うまく言えない」を『S彼氏上々』のももしろが担当し、それぞれの楽曲から一つの物語を創作する。

「ゆず」は原案だけの担当で、ストーリーは楽曲を聴いた作家たちが思い思いに書くという。ただし、同著には、2人が作品のイメージに合わせ撮影した写真や直筆イラストなども掲載予定。3人の作家が書いた小説は、7月7日から魔法のiらんどで随時公開していくという。


ゆず恋特設サイト


Yestereday and TomorrowYestereday and Tomorrow
(2008/06/25)
ゆず

商品詳細を見る


WONDERFUL WORLDWONDERFUL WORLD
(2008/04/16)
ゆず

商品詳細を見る

2008-07-05

ケータイ小説『ドロップ』が黒川芽以×桐谷美玲共演で映像化

ケータイサイト「ポケットスペース」で行われた「ポケスペ小説大賞」の大賞受賞作『ドロップ』(著者:夏澄、ソフトバンククリエイティブ刊行)が映像化される。

主人公の女子高生・真帆役を『ケータイ刑事 銭形泪』でブレイクした黒川芽以が、真帆の元彼の新しい彼女である美少女みさき役を「SEVENTEEN」モデルや女優として活躍中の桐谷美玲が演じる。さらに、北条隆博、岡本奈月、松嶋初音、福田雄也などの若手俳優たちが競演する。

脚本は、ドラマ「パパとムスメの7日間」などの脚本家・渡辺千穂。監督は、映画『イヌゴエ』などの横井健司が手掛けた。主題歌は、najaのボーカリスト・ゆうりが歌う。主題歌のタイトルはポケスペで募集中予定。

DVDパッケージは9月下旬発売予定で、ネットやモバイルでも配信される予定。

<『ドロップ』のあらすじ>
 17歳の女子高生・真帆は、彼氏の堅治に「好きな人ができた」と言われ、突然振られてしまう。堅治への思いを断ち切れない真帆は、新しい彼女がどんな人か気になり、堅治の後をつける。堅治が向かった先にいたのは、「みさき」という非の打ち所のない美少女だった。
 それからしばらくして、書店で偶然みさきの姿を見かけた真帆は、その帰り道に後をつけ、彼女の自宅を突き止める。その日から、真帆はみさきのストーカーとなり、近くの公園で絵を描くフリをして、みさきの観察を開始する。しかし、彼女のことを少しずつ知るうちに、堅治への未練からではなく、みさきの人間性に引かれて公園に通う自分に気づく真帆。みさきの幼い従姉妹をきっかけにみさきと話すようになり、いつしか、二人の間には友情が芽生える。彼氏を奪った女性ではなく、一人の大切な友人として、真帆のなかで日増しに存在が大きくなるみさき。
 そんなある日、みさきが男に誘拐されてしまい、三日間車で連れ回される事件が起こる。みさきは犯人の男を精神異常に追い込んで解放されるも、しばらく意識を失う。意識を取り戻しておわり。

<『ドロップ』を読む!>

ドロップ


※陽未さんの書いたケータイ小説『ドロップ』とは全くの別物です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。