--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-18

『あたし彼女』がついに発売

第3回ケータイ小説大賞の受賞作品『あたし彼女』の発売記念イベントがこのほど東京都内で行われ、タレントの木下優樹菜さんが朗読とトークショーを行った。

『あたし彼女』は、「~みたいな」など今時の若者言葉を多用し、今までにない文体で切ない恋心をつづったラブストーリー。08年に実施された「第3回日本ケータイ小説大賞」で大賞、JOYSOUND賞、TSUTAYA賞をトリプル受賞し、話題になった。

審査委員の秋元康氏は授賞式の席上で「泣きました」と絶賛。また、作家の高橋源一郎氏は『週刊朝日』で連載中の書評欄において、「ケータイ小説というジャンルが産んだ、おそらくは最初の傑作」と評価した。

また、受賞直後から『ニコニコ動画』や『You Tube』において動画作品が登場し、ブログを自動的に『あたし彼女』の文体に変換する『あたしブログ』なるものも登場。WEB上でも大きな話題となっている。

なお、木下優樹菜さんは、ケータイ小説サイト「野いちご」で実施されたアンケート結果で、「主人公のイメージにピッタリな芸能人」に選ばれたため、著者のkikiさんとともにイベントに出席した。

書籍『あたし彼女』は、これまでのケータイ小説書籍のB6判型とは違って新書判型となっている。これは1行の文字数が極端に少なく、改行を多用している本作ならでは。そのため、608ページという異例の厚さになっており、価格も通常のケータイ小説書籍よりも高い1260円(税込み)。


あたし彼女


あたし彼女あたし彼女
(2009/02)
kiki

商品詳細を見る


木下優樹菜写真集 ワカンナイ木下優樹菜写真集 ワカンナイ
(2008/03/07)
HIROKAZU

商品詳細を見る


スポンサーサイト

2009-02-18

京都造形芸大「ケータイ小説」賞が決定

ケータイ小説界の新しい才能を発掘する目的でひっそり開催された、京都造形芸術大「第1回高校生ケータイ・ライティング・コンテスト」の受賞者がこのほど決まり、ショート・ショート部門のグランプリに島根県の高校3年生の作品「長旅」が選ばれた。選考委員は同大学副学長で作詞家の秋元康さんら。

この賞は、携帯電話から誕生した新しい表現によって文学創作活動を活性化しようと、同大学芸術表現・アートプロデュース学科の教育活動の一環として企画されたもの。なお、応募総数はたったの62作品だった。

グランプリ受賞作品は、長い旅を終えようとしている老人が主人公だという。アート・エッセイ部門の受賞者はいなかった。

受賞作は、大学が発行する冊子やホームページに掲載予定。


高校生ケータイライティングコンテスト公式サイト


チューしようぜ!チューしようぜ!
(2009/04/01)
AKBアイドリング!!!

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。