--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-11

角川グループが「魔法のiらんど」を買収

角川グループホールディングスの全額出資子会社で出版事業を手がけるアスキー・メディアワークスは、ケータイ小説の大手サイトを運営する「魔法のiらんど」社をを買収し、子会社化したと発表した。2月末までに「魔法のiらんど」の発行済み株式の70%を取得したもので、取得金額は明らかにしていない。今後、完全子会社化も視野に入れているという。

「魔法のiらんど」は、ケータイ小説サイトの草分け的存在で、約600万人が利用し、約120万作品が投稿されている。12~15%ともいわれる高めの印税設定で、人気作品の書籍化にも積極的に取り組んでおり、ドラマや映画にもなった「恋空」などを多数輩出している。

一方アスキー・メディアワークスでは2007年から「魔法のiらんど文庫」を創刊し、魔法のiらんど社と共にケータイ小説の文庫・書籍化事業を行っていた。この事業を通じて、両社事業の拡大発展のためには「魔法のiらんど社が角川グループの一員に加わること」が望ましいと判断。今回の子会社化に至ったという。

角川グループは出版事業で手薄だった10代女性向けコンテンツを拡充するとともに、電子書籍事業の拡大につなげるのが狙い。今後はケータイ小説の文庫・書籍だけでなく、単行本、コミック化も積極的に行うとのこと。さらに角川グループ側でも「魔法のiらんど」の600万ユーザーに対する各種情報のアプローチが可能となり、電子書籍事業の拡大をはじめとした各種施策への期待ができる。


「恋空別注」エコバッグ「恋空別注」エコバッグ
()
Honey Salon

商品詳細を見る


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。