--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-08

ケータイ小説をめぐる論説まとめ

『恋空』を読む(1):ケータイ小説の「限定されたリアル」
(濱野智史の「情報環境研究ノート」)



『恋空』を読む(2):ケータイに駆動される物語、ケータイに剥奪される内面
(濱野智史の「情報環境研究ノート」)



『恋空』を読む(3):果たしてそれは「脊髄反射」的なのか――
「操作ログ的リアリズム」の読解
(濱野智史の「情報環境研究ノート」)



『恋空』を読む(番外編):宮台真司を読む ― 繋がりの《恒常性》と《偶発性》について
(濱野智史の「情報環境研究ノート」)



ソーシャルメディアとしてのケータイ小説
(佐々木俊尚 ジャーナリストの視点)



高齢者向け、あるいはロスジェネ向けケータイ小説がやってくる
(佐々木俊尚 ジャーナリストの視点)



文芸時評1月号 終焉か新ジャンルか
(産経新聞 早稲田大学教授・石原千秋)



携帯小説は、どこからきて、どこにいく?


「恋空」:共感と匿名性から生まれたもの


ケータイという新しい流通チャネルの巨大トラフィックが、
小さな小説市場を蹂躙した年



ケータイ小説をなめてはいけない─日本近代文学と「女学生」
(猪瀬直樹の「眼からウロコ」)



10代の女の子たちが「ケータイ小説」にハマる理由
(活字中毒R。)



ケータイ小説の新しさと古くささ
(こどものもうそうblog 米光一成)



ブームか変容かを見抜けなければ語れない
(切込隊長BLOG)



ケータイ小説の「リアル」とは何か?
(A面『犬にかぶらせろ!』 速水健朗)



小さな物語の大きな市場 - 書評x2 - ケータイ小説論二冊
(404 Blog Not Found 小飼 弾)



ケータイ小説が売れる2つの理由
(日本経済新聞編集委員 石鍋仁美)



ケータイ小説:源氏物語、主婦もの、名作…多彩に 体験から創作へ、10代から大人へ
(毎日新聞)



ケータイ小説狂騒曲、その後 『ケータイ小説はブンガクの夢を見るか?』
(株式会社hon.jp代表取締役社長・落合早苗)



ケータイ小説は現代の陰画か
(朝日新聞 早稲田大学教授・石原千秋)



小説読者よ、いずこへ。ケータイ小説と古書店が主導? new!
(NSJ日本証券新聞社)



ケータイ小説の鉱脈
(毎日新聞)



ケータイネット世代のきもち
著者と読者の距離感がカギ? ケータイ小説がウケる理由 - 前編
(フリーライター高橋暁子)



なぜケータイ小説は売れるのか (ソフトバンク新書 63)なぜケータイ小説は売れるのか (ソフトバンク新書 63)
(2008/02/16)
本田 透

商品詳細を見る



ケータイ小説がウケる理由 [マイコミ新書]ケータイ小説がウケる理由 [マイコミ新書]
(2008/02/20)
吉田 悟美一

商品詳細を見る



ケータイ小説のリアル (中公新書ラクレ 279)ケータイ小説のリアル (中公新書ラクレ 279)
(2008/05/08)
杉浦 由美子

商品詳細を見る



ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たちケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
(2008/06/09)
速水健朗

商品詳細を見る



ケータイ小説は文学か (ちくまプリマー新書 85)ケータイ小説は文学か (ちくまプリマー新書 85)
(2008/06)
石原 千秋

商品詳細を見る



ケータイ小説活字革命論―新世代へのマーケティング術 (角川SSC新書 37)ケータイ小説活字革命論―新世代へのマーケティング術 (角川SSC新書 37)
(2008/05)
伊東 寿朗

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keitaishousetsu.blog38.fc2.com/tb.php/32-c8fd4376

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。