--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-06

もしもキミが。

福岡の短大を卒業し保育士をしている”凜”さんのケータイ小説。魔法のiらんどで連載されていました。ゴマブックスから刊行された恋愛小説集『ケータイからあふれたLOVE STORY』に収録されたのち、単独書籍化されました。主人公・優基のその後の人生を描いた『今でもキミを。』も書籍化されています。


<『もしもキミが。』のあらすじ>
 中学3年生の優基は、容姿端麗で学校中の女の子の憧れの的だった。だが、そんな優基には彼女はいない。その理由は幼なじみの麻樹に恋をしているからだ。もの心つく前から優基の隣にはいつも麻樹がいた。ある日、優基は、麻樹がエイズに感染していることを知る…。
 確実に病魔は麻樹の身体を蝕んでいき、昏睡状態に陥った麻樹を必死になって看病する優基。そんなとき、優基は麻樹から自分宛の手紙を見つけ、麻樹の愛情を再確認する。やがて麻樹の容態は急変、危篤状態に。意識を取り戻すことを祈りながら千羽鶴を折る優基たち。この想いは麻樹に届くのだろうか…。

<『今でもキミを。』のあらすじ>
麻樹を病気で失った優基は、いつまでたっても麻樹のことを忘れることができなかった。そんなとき、麻樹のいとこのナオと出会い、優基は次第に現実を受けとめられるようになる。やがて、優基とナオは結婚し、生まれた子供の名を麻樹にした…。今でもキミを想っていると。


<『もしもキミが。』を読む!>

☆RINBOOKS☆

もしもキミが。

今でもキミを。


もしもキミが。もしもキミが。
(2006/12/08)


商品詳細を見る


今でもキミを。今でもキミを。
(2007/04)


商品詳細を見る


コメント

「もしもキミが。」泣けますね(;o;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keitaishousetsu.blog38.fc2.com/tb.php/6-6aa19294

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。