--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-06

空 & ねぇ、まこと。

『空』は、『天使がくれたもの』”Chaco”さんがファンの実話を元に書いたケータイ小説。『ねぇ、まこと。』は”Chaco”さんが、天くれのカグが死んだあと、20~23歳のときに付き合っていた当時の彼氏”まこと”との辛く濃い恋愛体験を描いたもの。全編が"まこと"への語り口調でつづられています。


<『空』のあらすじ>
 主人公の井上沙代は中学3年生の15歳。沙代には、中学入学時からつきあっている笠井健太郎という彼がいる。ふたりは学校でも公認のカップルだが、ワルで有名な健太郎は女の子にもモテることが心配。
 また、厳格な沙代の父親は、不良である健太郎のことが気にいらず、二人の交際に反対していた。それでも、幼いながらに、大事に愛を深めていた二人。沙代は中学最後のクリスマスそして初詣を最後に、受験勉強に専念する決意をした。父親により、受験が終わるまで家から出してもらえなくなった沙代だが、会えない時間が増えていっても、今よりもっと幸せになるために二人でがんばって乗り越えよう、と決意し、二人は互いに信じ合い、支え合っていた。
 ある日、受験勉強に根を詰める沙代を見かねた母親は、沙代に健太郎と会うことを許可する。久しぶりにデートができて、お互いの気持ちを確かめ合う二人。しかしそのデートの帰り道に、健太郎はバイク事故で帰らぬ人になってしまう…。


<『ねぇ、まこと。』のあらすじ>
『天くれ』後の20歳のChacoは、あるきっかけでまことと知り合い、付き合うことになる。だが、恋愛に苦労はつきもの。まこととの気持ちのすれ違いに、苦しい恋愛をすることになる。冷たい対応をされながらも時折見せられるまことの優しさに、都合のいい女となってしまうが…。


<『空』、『ねぇ、まこと。』を読む!>

White Canvas
(現在、『空』、『ねぇ、まこと。』は一部しか読めません)


空
(2006/10/25)
chaco

商品詳細を見る


ねえ、まこと。ねえ、まこと。
(2006/12)
Chaco

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keitaishousetsu.blog38.fc2.com/tb.php/9-d51cc78b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。